耳に残るフレーズ「笑」

「笑」は、シンガーソングライター・笹川美和さんの曲です。

初めて聴いたのは、もう何年も前。確か、テレビのコマーシャルがキッカケでした。

何の商品だったかは忘れましたが、不思議な歌詞とハスキーな歌声が耳に残り、気づけばハミングしていました。

しかし、歌い手の名前も、曲名も分かりません。

悩んだ挙げ句、歌詞で検索することを思いつきました。

唯一覚えていた、サビの

「笑い 笑え 泣き笑え」

という箇所を入力し、初めてタイトルを知りました。

笹川さんの名前を初めて知ったのも、その時です。

早速CDを購入し、何度も繰り返し聴きました。

作詞も作曲も、ご本人が手掛けたとのこと。ほとんど英語を使わない、どこか古風な言葉の使い方にも惹かれました。

「お前の涙 あたしが受けよう」

「あたしの笑みを お前に与えよう」

という、若い女性らしからぬ言葉づかいにも、妙な味わいがあります。笹川さんの歌はいつも、誰か特定の「お前」に向けたメッセージだな、と感じます。

そしてなんと言っても、美しいメロディと、ハスキーで伸びのある歌声。

冒頭の、鈴を微かに振るような澄んだ音。

イントロから、曲の世界に引き込まれていきます。

そして、サビの部分。聴き終わった後も、ずっと耳の中に歌声が残るようです。

その後、何度か笹川さんのライブに行き、他にも好きな曲がたくさん出来ましたが、やはり「笑」が流れると、ひときわ嬉しく感じます。出会ってからずいぶん経ちますが、今でも特別に好きな曲です。