Speech / Speech

ヒップホップグループ、arrested development(以下AD)の主要メンバーのspeechの1stソロアルバムです。
ADは1stアルバム 3 Years, 5 Months and 2 Days in the Life Of…でグラミー賞を受賞するほどの活躍をしました。
しかし、2ndアルバム以降は特にアメリカでは、あまり良い評価を受けられなくなりました。
この1stソロアルバムはarrested developmentの2ndアルバムの後に製作されました。
wikipediaにも記事が作られないほど、あまり良い扱いをうけていません。
ただクオリティーはかなり高く、上質なR&B / ヒップホップアルバムとなっています。
このアルバムでspeechはほとんどラップをしておらず、シンガーとしての実力を発揮しています。
arrested developmentでの生楽器を取り込んだサウンドプロダクションを、さらに生演奏の割合を強くし、録音方法も、スタジオの埃が感じられそうなホワイトノイズが心地よい音質となっています。
ADも聴いていて家族・家庭的な雰囲気が感じられるサウンドでしたが、このソロアルバムでは、されに個人の視点・感覚を感じられるサウンドとなっています。
ADの2ndアルバムもこのspeechのソロアルバムも心地よいメロディーで作られていますが、日本人好みではあっても、アメリカ人にはあまり受け入れられないのかもしれません。
もう少しアメリカでも評価されても良い気がするのですが…