嵐のCDアルバムの名曲と中古価格に関する不思議な発見!初回限定盤CDを売りたい人はがっかり?!

このCDアルバムは、ジャニーズ出身のアイドルグループ「嵐」の、デビュー曲から10年の間に出された曲を纏めた2枚入りのアルバムとなっています。
個人的に、この32曲もの中から好きな曲を挙げるとするならば、「サクラ咲ケ」が一番好きです。この曲は、卒業ソングの歴史を一変した、画期的な歌だからです。

其れ迄、小、中、高校の卒業ソングは森山直太朗さんの「さくら」が圧倒的な人気で、バラードでも有ったので、学校側もすんなりと受け入れていた様に感じます。
私の友人が中学生の時、学校で卒業式にアニメのバラード曲を友人達が学校側に提案した処、「アニメだから駄目。」との判断が成されたそうで、「アニメだからって、酷い偏見だ!」と友人は憤慨していました。

父兄も列席するからでしょうか?アニメソングで卒業式にピッタリと来る曲は沢山有るのです。
そんな中、嵐の「サクラ咲ケ」が、日本全国、大半の学校で卒業式に使用されている事を知った時には、学校の流れが少しは変わって来ていると感じたのです。
2005年に発売されたので、翌年の卒業式からはこの歌が長年に亘って卒業ソングの定番として歌われています。

先ず、今迄の卒業ソングは「さくら」を含めてバラード曲ばかりでしたが、この「サクラ咲ケ」は、アップテンポなノリの良い曲で卒業式独特のしんみりとした涙を誘う曲調とは全く違います。
卒業よりも進学や就職と云った、次への新しい世界へこれから飛び込む感じが、歌詞や曲からも伝わり、実に良い歌だと思います。

ところで、中古CD価格を確認したくてアマゾンを見てみたのですが、不思議なことに気づきました。
この嵐のCDアルバムは初回限定盤と通常盤がありますが、アマゾンで中古価格を比べてみると、私が確認した時点ではほぼ変わらない金額でした。
初回限定盤の方が定価は高いし、特典CDもついているのに不思議ですね。
そのせいか中古ショップでの買取価格もそんなに差がないお店が多いようです。
おすすめCD買取業者のサイト
『All the BEST! 1999-2009 初回限定盤』を売りたい方はがっかりですね。