Feels like home

以前、『10日間で男を上手にフル方法』という映画を観た時に、挿入歌として使用されていた曲に魅了されました。

まるで故郷に帰ってきたような安心感があなたにはあるというような内容の歌詞の曲です。

雑誌の「10日間で男を振る」という企画を試すために、主人公が適当な男性と出会いチャレンジするのですが、いつの間にか本当に好きになってしまうという映画です。

その中で、男性の実家に二人で遊びに行った際に、お互いの思いが通じた時にこの音楽が流れます。

まるで故郷のようという歌詞が、映画のシーンとマッチしており、すごく胸に刺さりました。

あまりにも曲が気にいったので、調べたところ、シャンタール・クレジヴァビックというカナダ出身のシンガーソングライターの方の曲でした。

元々はランディ・ニューマンという方の曲らしいのですが、シャンタールさんの歌声が優しく、また力強いので歌詞とぴったり合うのです。

気に入っているのは歌声ももちろんなのですが、歌詞がとても良いのです。

故郷にいるような気がする。自分のいるべき場所に帰ってきたような気がする。

誰かにそんな思いを抱くなんてことはなかなかないと思うのです。

この曲を聴くと、私もそういう人と巡り合いたい。

そう思ってしまいます。

店舗ではなかなか取り扱いがなかったので、ネットでCDを購入したところ、他の曲もとても良かったです。

購入したアルバムは「In this life」というタイトルのものです。

表題の歌もとても良かったです。