手嶌葵の青い図書館が好き

手嶌葵と言えば、ジブリ映画の声優というイメージを持っている方も多いかと思います。

テルーの唄という「ゲド戦記」で使用された歌が有名なので、そのイメージがやはり強いかと思います。

私も、彼女のコンサートに行くまではそのイメージが強くありました。

コンサートには偶然行きました。

たまたま住んでいる町の近くに来るということだったので、思い切ってチケットを購入して行ってきたのです。

実際に行ってみて、直接彼女の声を聴いてすごく好きになりました。

様々な映画の曲を歌ったのですが、透明感があり、清らかな気持ちになる声に癒されました。

青い図書館というアルバムはコンサートに行った後に発売されたので、もう一度コンサートの雰囲気を味わいたいと思い購入しました。

「ゲド戦記」以外のジブリ映画に使用された曲も入っています。

「コクリコ坂から」の朝ごはんのうた、使用はされていませんが「風の谷のナウシカ」のテーマソングも収録されています。

ジブリ映画の曲はもちろん世界観に合っており、何度も聞きたくなるのですが、カバーソングである「瑠璃色の地球」も私は好きです。

松田聖子の曲として有名ですが、手嶌葵が歌うとまた違った印象となり、元の曲を知っている方でも気に入るかと思います。

綺麗な情景が浮かんでくるような感覚になります。

ちょっと不思議で幻想的な曲がこのアルバムには多いような気がします。

disc1とdisc2とではまた違う構成になっているので、かなり楽しめるアルバムかと思います。